FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝勇伝 第11話「悪魔の子」

伝勇伝アニメ感想です。
例の如くかなり内容に触れています。

EDの歌詞がまた一番に戻ってました。
時々変わるのでしょうか…?



前回は場面の切り替えなどが早過ぎてひどく見難かったのですが…
元々ライナ組とシオン組とで分けないといけないからか、原作でも場面転換は早い方ですけど。
今回は前半と後半でしっかり分けられていたので、ちょっと見やすい方でした。


先ずは前半、シオンパート。
演説がなかなか様になっているいじめっ子王でした。
やはり身振り手振りは必要なのですね。

というかフロワード。
小説の中では然程気にならないのですが…そうでしたね。
絵にすれば誰もいない廊下で声も高らかに独り言をしているようなものだったんですよね!
誰もいないからいいようなものの、誰かに見られたりしたら間違いなく変態でなく変人扱いされますね…
ルシルは…近くで聞いてるのかな?


そして後半、ライナパート。
今回は珍しくライナが最初からやる気を出していました!
いや、殺る気か??

アルアの境遇と昔の自分を重ね合わせずにはいられないというところでしょう。
原作以上に、ひどく沈んだ面持ちでもありました。
更に、思いきりキレまくっている…

原作ではこの辺りではまだどうにか表面上は寝惚けいるフリをしていたというのに。
突っ込んでいったフェリスを追いかけてだったはずなのに。
フェリスを置いて1人でアルアを助けに飛び込んで行きましたよ。
何たる行動力!?
反面、アルアの複写眼の暴走を止めるときの必死さと、止められたときの嬉しさがなかった感じ。
淡々とあれを行なった辺り、アニメより原作のライナの方が良いかも?

「何でこんな俺を作った」の件はしっかりフェリスも聞いていた…と。
そして、ここぞというところで雨!
またもや雨で曖昧に!
とあるゲームの主人公が初めて大泣きするときも雨が降り出してきて泣き顔を隠してましたけどね!

と、そんなこんなで、今回は思いきり弱音を吐露してました。
アニメはライナが意外と感情過多な感じもしますけど、こういうときはなんか楽しいです♪←
……で、いいのかなぁ?
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

暇猫生態

榛

Author:榛
テイルズ系好きな管理人が何かを叫ぶ。
苦手な方はご遠慮下さいませ。

暇猫カテゴリ
暇猫最新
暇猫カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。