スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユナイティア7

どうにかでかい奴から逃げ切れた回でした……

10.苦悶のよどみ~11.呻きの沼
+EX4混迷の大樹



苦悶のよどみ。プレセア登場です。
テルンを渡して下さいと迫ってきます。但し理由は言わず。
プレセアにロイドが反応してました。ロイド以外では初めてのシンフォニアキャラですね。

戦闘メンバーはアスベル・ロイド・ルビア・ノーマ・ヴェイグ・レイヴン。
プレセアを倒したらどでかいヴール登場。
その隙にプレセアはテルンを連れ去ってしまいます。
勝利条件は味方全員が目的地まで到達とのこと。でかいのは無視して逃げようと皆さんも言ってました。
しかし、目的地はでかいヴールの奥。進むには他の細かい敵が邪魔。
結局他の雑魚敵は全部倒して、そろそろ奥に進みました。

ここででかい奴に追い付かれて2度ばかりあと一歩のところで最後の1人がやられたりしちゃいましたけどね;
一応皆、移動4のキャラで構成しておきました。

フレン曰く全てナハトの仕業だとしても、何か理由があるんじゃないかと。
アスベルやロイドも、プレセアが根っからの悪人には見えないから何かあるんじゃないかと疑問を持ちます。
何にせよ、怯えるテルンを無理やり連れ去ったのは許されないことと結論付けて後を追うことに。
……エクシリアのアルヴィンの頃のジュードを思い出すと、ジュードだとこの考え方には行き着かないだろうなぁとか思った←


呻きの沼。ジェイド登場。
プレセアに追い付いたらジェイドとルークとで何か言い争いしてました。
ルークはテルンを無理やりさらってくる方法が気に入らない様子。長髪の頃からルークは小さい子(イオンとか結局ミュウとか)には優しかったですからね。
ジェイド達は事を成すには間の細かい手段は問わないやり方を選んでいるようです。

しっかり盗み聞きしていたこちらに気付いていたジェイド。相変わらずの胡散臭さ(笑)
テルンをさらう事情を問えば、何でもラーフ・ネクリアなる大きな大きなヴールがいて、浄化出来ないほどだから夢守達が封じているとのこと。
それが神殿にいるから夢守達はそこに詰めているとか。
そいつが解放されれば全部の世界が危険だといい、倒すには犠牲がいるとか言います。
だけど、だからテルンをさらったのかと結論を出したのは、アスベル達側。
「まわりくどい」とかガイに言われてましたが、ジェイドははっきりテルンを犠牲にするとは言ってませんぞ。

ここでナハト再登場。
ルフレス族の役割みたいなものをテルンに言い連ねて、だから犠牲になれとか言っているようなものだけど、テルンを生贄にするとの問いには肯定も否定もしません。
こういう場合って、あれですよね。
よくあるあるパターンでは犠牲にするのは実は自分ってやつです。
テルンを追い詰めるようなことを言うのはテルンの手を借りないとそれが出来ないからってことで、つまりわざとってやつ。
テルンだけさらおうとするのは、テルン側の人は事情を話しても納得してくれなさそうな人達(つまり真っ正直な人達)ばかりだから……とか?
台詞もいわゆる偽悪的なものばかりで、何かわざとらしい?
そもそも同じテイルズ主人公格キャラが仲間にいる時点で芯から悪者なわけもなし←

そんなナハト。いきなりヒト型になりました!
テルンも驚きです。
でも、戦闘には参加してきませんでした。なんか良かった!

戦闘はテルンをプレセアからひったくってきたルークを守り切るのが勝利条件。
メンバーは
ルークはジェイド達から敵にみなされてしまいました。
一瞬、ルークに回復とか使えなかったらどうしようとか思いましたが、既にルークはこちらサイド。操作は自分で出来るし、サポート技も使えます。
ルークはルークだけで勝手に動くキャラじゃなくて良かったです。

一度倒したら2回戦開始。勝利条件はルークの目的地到達。
またちょっと大きいのと雑魚敵さんが溢れてきました。
いやもう、目的地の対角線上の反対の端にいたせいで結局雑魚敵さん達もちょっと大きいのも倒す羽目になりました。
大きいヴールが倒せるヴールで良かった……
前回の大きいヴールからの攻撃は一撃死だったから;

テルンを取り返した後、普通に話していたナハトの様子が何やら妙な風に。
急に元のルフレス族の姿に戻って飛んで行ってしまいました。
ナハトがいなくては自分達もヴールに取り込まれかねないとジェイド達も退いていきます。
テルンはかなり打ちひしがれてました……

戦闘後はルークが正式に仲間になりました。


EX4混迷の大樹。コレット・ジュード加入。
この2人、ヴールに影響されていても大樹の上で2人仲良くお喋りしてました。
ヴールに影響されてない=仲間じゃない=敵というみたいな認識だけあるようで、ロイドは拒絶されてましたけど。
ロイドはすごくコレットを気にしているのに(笑)

戦闘は樹の上ということで狭いです。とにかく狭かったです。ほとんど人1人しか通れません。
メンバーはお馴染みアスベル・ロイドにアビスメンバーでルーク・ティア・ガイ。
EXマップは未だに5人だけですね。

道が狭いのと増援が来たのとでちょっと苦労しましたが、難なく勝利。
というか、ガイが集気法使えたのにしばらく気付かなかった……

コレットは相変わらず壁に穴を空けていましたけど、ジュードはいつ時点のジュードですか、これ。
エクシリア1のジュードなので、根っからの優等生ぶりっ子。
完全序盤ジュードですね。
中盤ジュードなら多分もっと攻撃的になってるかと。


何はともあれ、そろそろアスベル・ロイドと他メンバーのレベル差がやばいです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

暇猫生態

榛

Author:榛
テイルズ系好きな管理人が何かを叫ぶ。
苦手な方はご遠慮下さいませ。

暇猫カテゴリ
暇猫最新
暇猫カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。