スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ToX2―兄の願い、弟の意志

サブタイトル?逆だったかな?
確か15話目?
よく見てないからちょっとあやふや…

というか、ユリウスさーん……っ(泣)



ユリウスさん…
強かった…

いや、自分が倒したくないと無意識に思っていたのかも?
ユリウスさんのHPを半分以下にするまでは順調にほぼノーダメでいけるんですけど。
それ以上になると途端に攻撃が鈍るという…

出血やら炎上やらにさせられての自滅も何度もありましたけどね(泣)
特に厄介だったのはチャーム。
攻撃自体は防御しているのに、攻撃が当たっただけで状態異常はかかるという…
護符装備はしていましたけど、あれも50%の確率ですから、どうも毎回その50%にかかっていました。
チャームになると1人だからアイテムで回復も出来ませんし。
1対1だから自然回復する前にやられてしまうという結果が、さて、何回あったか…


でも、ルドガーが負けたら負けたでイベントが進むかもとか本気で思ったりもしていましたしね。
そうしたら、ユリウスさんが橋にならずに済む方法が出てくるかも?とか。
そういう選択結果もあるんじゃなかろうかと思ってましたが、どうやらなさそうですね…
(自分の腕ではジュード達に勝てません;)


おまけに、何故あそこで分史世界に!?
ユリウスさんが完全に時歪の因子化したってわけですか?

正史世界で倒した後に、また分史世界で…
それもおそらく、時歪の因子化したユリウスさんが作り出した分史世界。
つまりは、ユリウスさん自身ともいえる分史世界で、再びとか…
それも何気ない、もう戻らない、あるいは続いたかもしれなかったいつも通りの日常の自分達を見た直後に。
更に、ユリウスさんが、ルドガーを違うルドガーだと分かった上で受け止めてくれたものだから。

つい、ルドガーに感情移入してしまいましたよ…
ルドガーがお兄ちゃん大好きっ子なのは、もうこれまでのことで十分、分かりきっていますから。


でも、あえて思いました。
カナンの地に行くためだけなら、何で社長とエルの居場所を真っ先に探し当てなかったんだ、と。
四大がついているミラならシルフ辺りに頼めば探せそうな気がするんですけど。

とはいえ、社長達が橋を渡った後に橋が消える前に便乗することは、さすがに無理ですかね。
(リドウには悪いですが)

けど、そう出来ていれば、少なくとも橋のために兄さんが消えることはなくなったはず。
時歪の因子化が進んで消えてしまう可能性はなくなりませんけど(泣)
その前にオリジンの審判を勝ち取れば、また別の可能性が出てくるかもしれないですけど…





正直ユリウスさんが何をしたかったとかはよく分からなかったですけれど。
でも、どうにか現状から抜け出そうとしていたんだろうとは思います。

事情に色々詳しいだけに、一族や社長から逃げたところで事態が好転することがないのも分かっているし。
社長からは魂の橋の材料と見なされているし。

オリジンの審判をどうにかするにも。
橋の材料にされないようにするにも。
先ずはヴィクトルの称号を持つ社長よりも強くならなければならないと思っていたんじゃないかと思います。
多分そのために、ルドガーの時計を拝借していたのでしょう。

けど、だからルドガーには何も知らないままでいてほしかったのかもしれません。

何も知らないまま。
それは偽りだらけかもしれないけど、そんな中でルドガーにとって良い兄でいることが、そうして過ごす日常が、ユリウスさんにとっては一番の安らぎだったのかもしれません。


微妙に現実逃避気味な願いかもしれないけど、ユリウスさんの分史世界の風景。
あれが答えですよね、きっと。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

暇猫生態

榛

Author:榛
テイルズ系好きな管理人が何かを叫ぶ。
苦手な方はご遠慮下さいませ。

暇猫カテゴリ
暇猫最新
暇猫カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。