FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ToX2―ミラ=マクスウェル

前回にその可能性を示唆した次の回でもうとは…
ちょ~~っと、もう少しだけ猶予あるかと思っていたんですけど…



分史ミラ、退場…!

予想はしていました。
ルルの件を見る以前から何となく予想は出来ていました。
少なくとも分史ミラは正史世界にはいられなくなるだろう予想は…

帰れる世界も既にない分史ミラです。
あれでは…

もしも時空の間を漂う存在になっていたところで、四大の力を失っているミラです。
生き残れる確率は低すぎますね。
復活の兆が見当たりません。

分史ミラの正史世界での復活は、ほぼあり得ないでしょうね…



リドウは単独犯なのか?
分史対策室以上に、彼にも何かしらの事情がありそうですけど。

けど、ある意味でルドガー達は彼には感謝しなければ、なんでしょうかね。
他に方法などおそらくない中では、結局は分史ミラを消さなければ正史ミラは帰ってこれないわけですから。

エルを助けるためという大義名分。
加えて、そうしなければならない状況に陥らせたリドウという存在。

「助けられなかった」の中にも「仕方なかった」の言い訳を生む余地があるのは、だけど果たして、いいことなのか悪いことなのか。
余計自分を追い込む方にもなるかもしれませんが。



しかし、今回一番イラッと感じたのはエルですね。
前々から何となく感じてはいましたけど。

分史世界とはいえ世界を壊すということの意味と、責任。
エルはこれ、ちゃんと理解しているのか…
甚だ疑問ですね。

ルドガーに色々と言っているようなところを見ると子供なりに理解しているような気もしますが、カナンへの道標が見付かったという報せを受けるたびに単純に喜ぶ姿を見ると「うーん…」と思ってしまいます。

大人組の方はレイアにしてもそのキツさを分かっているようなのに、大人組のその様を毎回間近で見ているというのに、あっさりし過ぎているというか…
その辺りが引っ掛かります。


エルにとっては「パパとの約束」が一番。
だから、カナンの地へ行く手掛かりが持てるのは嬉しいこと。
それだけに今は必死になっている。
それは分かります。
だけど、そのために「何を犠牲にしているのか」を理解しているか否かは、そのキャラ的に見るときの印象にかなり影響を与えてくれます(自分的には)


分史ミラが消えたことは、エルには相当ショックなようです。
当然でしょう。
でも、分史ミラがああして消えなければならなくなったのも、結局はエルの最初の選択の結果です。
エルが最初にあの分史世界であの世界のミラを掴まなければ、知らないで済んだかも知れないことだったわけですから(=あのミラを消したのはエルが招いたこと、にもなるわけです)

まあ、エルがこの可能性に気付くことはないような気もしますけど。


パーティメンバーの目には「親とはぐれた迷子」としてエル=かわいそうな子フィルターもついていそうです。
見た目が普通に子供だからもあるでしょう。
だけど、性格は子供だけど背伸びっ子で大人びたことばかり言って、子供扱い禁止と怒る。
なのに、ちょっと小難しい話になると「子供に難しいこと言わないでくださーい」とか「子供に言われても困る」言って子供を理由にしたりも…

この度々ある「子供を理由」にする言い方。
これが一番イラッとくる原因ですね。
今回は特に子供だからで免除されるものではないでしょうに…

とりあえず、先ず、自分で死ぬほど悩んで考えろ!と、思ったりしてしまった回でした。


しかし、エクシリア2をやっていると、レプリカだから厳密には違うとはいえ生まれた年数としては寧ろ1歳年下のルークに対するアビスメンバーの言動って結構厳しかったなと、ちょっと再認識してしまいます。
見た目年齢での判断の差…?
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

暇猫生態

榛

Author:榛
テイルズ系好きな管理人が何かを叫ぶ。
苦手な方はご遠慮下さいませ。

暇猫カテゴリ
暇猫最新
暇猫カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。