FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ToX2―兄弟と姉妹

分史世界は、本物じゃない。
これが今のところの、ルドガーの最大の言い訳なんでしょうね。

でも、パラレルワールドとは言うけれど。
主人公側から見たら偽物でも、その世界の人側から見たら主人公のいる側の方が偽物。

壊す世界は、本当に偽物……?




クロノス戦直後、いきなり現われたユリウス。
分史世界に潜んでいる可能性ありとは言われていたけれど、本当に分史世界の中にいたのですね。
クロノスを追っていたのかも?


ユリウスとルドガーは、なんかとにかく仲の良い兄弟のように思われます。
ユリウスは過保護。
ルドガーは兄が大好き。

ユリウスに対するルドガーの選択肢はどれも兄さん大好き的なもの。
ユリウスへの信頼か甘えか、でなければ拗ねているような感じ。

ユリウスはユリウスで、とにかく過保護。
ルドガーを何かに関わらせたくないから、理由を話してくれないという雰囲気。
過保護にするあまり子供扱いが抜け切れないというところ。


同じ分史世界で遭遇したミラとミュゼ。
この分史世界でのミラ達ということは、クロノスが「女マクスウェルは時空の彼方に飛ばした」的なことを言っていた中の女マクスウェルとは、つまり正史世界でのミラということ?
ということは、クロノスもまた正史世界のクロノスというわけになる、と。

先に工場で戦ったアスカには(分史)と名の後ろに書かれていたけど、クロノスには確か書いてなかったですし。
大精霊といえど正史世界と分史世界との行き来が出来るのは、分史世界を生み出しているというクロノスのみ?
あ、でも、ヴォルトに(分史)とかあったかな…


しかし、こちらのミラもですけど、ミュゼは随分性格が違っていますね。
ミラを「お前」としか呼ばないし。
正史ミュゼは一応、あれでも妹想いだったのに。

変わってしまったとミラは言うけれど、元々あまり人間が好きではないようなミュゼ。
精霊の力を失って人間になったミラを、ミラとして受け入れられなかったのかもしれない?
ミラに対しても「人間が」「人間のくせに」と散々言ってましたし。

まあ、一番の原因は老マクスウェルにありそうですけど。
ミュゼが祈っていた相手、絶対あのじいさんでしょ。


だけど、正史ミラがそうだったように、分史ミラも老マクスウェルの存在を知らなさそう。
ということは、正史ミュゼが以前に時々言っていたように、分史ミュゼもミラのことをマクスウェルの身代わり人形的に思っていた可能性もありか。

変わってしまったのは、役目を終えたからかも?
役目を終えた後まで姉の振りはしたくないとか。
おまけに、老マクスウェルからは一切の応えもくれない。

タイムファクターとやらが憑りつく原因とか理由とかは全く分かりませんけど。
いわゆるマイナス面の感情とかが呼び寄せるとか、歪みを生み出すとか、そういう感じだったりするのかな?
少なくとも、先に倒した分史ローエンにはあてはまるような…
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

暇猫生態

榛

Author:榛
テイルズ系好きな管理人が何かを叫ぶ。
苦手な方はご遠慮下さいませ。

暇猫カテゴリ
暇猫最新
暇猫カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。