FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tox2―クランスピア社

よ~~~やく中盤にさしかかり……というより、どうやらようやく店頭PV映像の辺りまで来たらしいゆったり進み具合です。

骸殻(こんな字だった気が)とかパッケージ裏に書かれてる変身機能が、ほんとようやく使えるようになりましたもの。



呼び出されていったクランスピア社本社。
ジュードの友人はともかく、レイア・アルヴィンの保護者もともかく?
エルの「ルルの保護者!」にも全く表情を崩さない秘書さん。

さすが、凄腕秘書?


クランスピア社の社長は、なんというか、本当に得体の知れないお方です。
信用あるような、ないような…
前々からの印象ですけど、正直、胡散臭い。

そもそも、何故分史世界の存在を知ったか。
何故大精霊クロノスがそれを生み出してると知ったのか。
何故その仕組みも知り得たのか。
何故骸殻がそれを壊し得る力だと知ってるのか。

科学者でも開発者とかでも、普通の「人」なら知れない気がするところですよ。
ましてや、確かエレンピオス人。
内容的に、精霊術を使えない人の方が理解も難しそうなのに…

ユリウスが情報をもたらしたのか?
そう考えるのが妥当な気もしないでもないけど。

あるいは、社長自身もクルスニクの末裔なのか?
「精霊の玩具」にはなんか皮肉というか自嘲が込められてた感じがしましたね。


骸殻能力はクルスニク一族の中でも発現させるのは僅かという話。
クラン社の分史対策エージェントはその能力を持ってるらしいけれど、皆がクルスニクの名を持ってるのかは謎。

名前にクルスニクがあるルドガーとユリウスは、一族の中でも直系の末裔とかなのか。


時計はやっぱり鍵で、ルドガーの時計はユリウスが持っていて、ルドガーが使ってるのはエルの父親の時計。

ということは、エルの父親もクルスニク?
まぁプロローグ中で変身してた気がするし。

ということは、エルもクルスニクの一族?
確かに、時計は毎回エルに反応してた気が…


何はともあれ、約1ヶ月経過でようやく物語本格始動辺り。
いい加減、クエストを無視しようかな…
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

暇猫生態

榛

Author:榛
テイルズ系好きな管理人が何かを叫ぶ。
苦手な方はご遠慮下さいませ。

暇猫カテゴリ
暇猫最新
暇猫カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。