スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敵役が主役級?

エクシリア、昨日の出来事。
ネタバレ自重していないので自己責任でどうぞー



只今、物語が急展開を迎えたような辺りにいます。

とはいえ、セルシウスなんて聞いたことがない(マクスウェル談)とか当然です。
彼女はインフェリアやシルヴァラントにはいませんもの←
つまり実はもう1つ世界がありましたよ、的なことをいきなり言われてもまだ予想範囲内というわけです。
テイルズの世界観では対の世界・対の存在みたいなものは定番ですからねー
シェル(漢字を忘れた)とかいうものは、要するにエターニアのオルバース界面とかエフィネアを包む海みたいなものかと脳内変換しておいた。

ジランドとかいう参謀さんがアルクノア?の人だということは、槍を持ち出した辺りで掴めましたが。
なんかすごく顔が変わってる…ような…
変に濃いというか、厳ついというか、線の太いような顔をしていたような気がするのですが…
というか、どうやって向こうと連絡をつけていたのか…謎です。


そんな中でタイトルの出来事。


アニメシーンがわりとあったのですが、中身を占めていた大半は…ガイアス=ア・ジュール国王様。
主役ジュードはおろかミラまで差し置いての大立ち回り。
多勢に無勢の状態で、強過ぎです。
手加減とかしてくれる相手じゃ絶対にないですけど、イベントバトルでは手加減してくれていたんじゃないかと思わせます。

オープニングでジュードと一騎打ちしてるけど、あのアニメシーンを見るとうちのジュードがまともにガイアスと一対一が出来るようになるのはまだまだ相当先のような気がしました。

しかし、ここの役割、ミラがとある状態だったので、主役主人公で考えるならジュードがやるべき見せ場だったんじゃないのか…?
あ、だけど、ジュードだとあの場から逃げ切れない。
ガイアスさんだから、大きなおじさんが壁になってくれたんだろうし?
とりあえず、主役並の見せ場だったことに違いなし。


そして、独りぼっちになったジュード。
騙されてないよね…?
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

暇猫生態

榛

Author:榛
テイルズ系好きな管理人が何かを叫ぶ。
苦手な方はご遠慮下さいませ。

暇猫カテゴリ
暇猫最新
暇猫カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。